入門編

1-03.Vimeoのアカウント作成とedulio連携

edulioで動画配信をおこなうために、安価で高品質な動画ホスティングと配信サービスをおこなえる、Vimeoの利用を開始します。

1)Vimeoのアカウント作成

※2021年9月16日以前に作成したアカウントをご利用中の場合

Vimeoプランへの移行をご希望の方は,こちらよりサポートセンターにご一報ください。

Vimeoプランに移行した場合、動画ファイルの取り扱いはVimeoが前提となり、edulioへ直接動画ファイルをアップロードすることはできなくなりますのでご注意ください。

edulioで動画配信をおこなうために、安価で高品質な動画ホスティングと配信サービスをおこなえる、Vimeoの利用を開始します。

https://vimeo.com/jp/」にアクセスします。

「登録」をクリックしてアカウントを作成します。

必要事項を入力しアカウントを作成します。

2)デベロッパーツールをクリック

Vimeoにログイン後、ヘッダーのリソース>デベロッパーツールをクリックします。


3)新規アプリ

「新規アプリ登録」をクリックします。

4)アプリの作成

App nameは何でも良いですが、後で識別できるように「edulio」と付けます。アプリの説明も何でも良いですが「edulio」と付けておきます。

「同意」にチェックを付けて「Create App」ボタンをクリックします。

5)Generate Access Token

サイドメニューの「Generate Access Token」をクリックします。

6)Authenticated

「Authenticated (you)」を選択してます。

Scopesで「Public (required)」「Private」にチェックをつけます。

「Private」にチェックを付けることで非公開の動画をedulioで呼び出すことができるようになります。

「Generate」をクリックします。

7)Tokenの発行

表示されたTokenをコピーします。

Tokenは一度しか表示されません。画面を更新してしまった場合には、再発行してください。

8)edulioの管理画面にアクセス

サイドメニューの「コース管理」をクリックします。

コース管理の「登録デフォルト設定」をクリックします。

9)edulioの管理画面にアクセス


「動画・音声・スライド・iframe」をクリックします。

10)edulioの管理画面にアクセス

アクセストークンを貼り、「登録」ボタンをクリックしたら完了です。

No items found.