【小中学生向けプログラミングスクール CodeCampKIDS】プログラミングを学んで世界を変えよう

オンもオフも。小学生からシニアまで。CodeCampの今までとこれから』では、オンラインプログラミング家庭教師サービス「CodeCamp」に関して池田さんにお話を伺ってきましたが、コードキャンプ株式会社は新規事業として、2017年10月から小・中学生対象のプログラミングスクール「CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)」を開校します。次はCodeCampKIDSに関してご紹介したいと思います。


小中学生向けプログラミングスクール CodeCampKIDS (コードキャンプキッズ)とは?


CodeCampKIDSは、2017年10月に開校する、小学生・中学生を対象とした通学タイプのプログラミング教室です。コードキャンプ株式会社で培われたプログラミング教育のノウハウをベースに、小・中学生向けプログラミング教育経験者も複数参画し、満を持してのスタートとなります。

オリジナル教材を利用しながら、寺子屋形式で異なる年齢の子どもたちが集まり、各々に合わせたペースで学習するスタイルを実現していきます。教室は次の場所にて開校します。


CodeCampKIDS 大崎

住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark9階

開講曜日:毎週土曜日・日曜日


学習内容は、小学校低学年の受講を想定した入門コースにあたる「ロボットプログラミングコース」と、小学生から中学生までの受講を想定したゲームプログラミングを学ぶ「Scratchプログラミングコース」の2コースをご用意、開校を前に無料の体験授業を開催しています。また、Webサービス開発コース、Unityゲーム開発コース、アプリ開発コースも順次開講予定です。



では、ここからは、CodeCampKIDS 事業統括責任者の斎藤幸輔さんにお話を伺います。プログラミング学習の習い事を検討されている親御さんに参考になればと思います。


CodeCampKIDSで育む5つのスキル


ー 開校前のお忙しいなか、ありがとうございます。では、スクールの特徴から教えてください。


こちらこそお忙しい中ありがとうございます。CodeCampKIDSは小学生・中学生のためのプログラミングスクールです。特徴は、大きく3つあります。

まず1つは、CodeCampだからこそ実現可能な、子どもたちをどこまでも伸ばしていける学習環境です。ロボットやScratchなどのプログラミングが初めてでも楽しく学習スタートできるビジュアルプログラミングから、Webサービスの開発やUnityのゲーム開発、iOS等のアプリ開発などを順次開講し、子ども達の可能性をどこまでも伸ばしていける教材・カリキュラムをご用意しています。IT教育の専門家と子どもを対象としたプログラミング教育の専門家が結集してローンチするサービスがCodeCampKIDSです。他社の子ども向けプログラミングスクールとは一線を画す、教材になっていると思います。

2点目は個別最適化された学びの中で「楽しい!」を学びへと繋げる仕組みです。自由度の高いカリキュラムと授業をご用意しています。大人数が一緒の教室で学びますが、型にはめ込んだカリキュラムにはせず、子どもたち一人ひとりに最適化しています。必ず進捗度に個人差が出てしまうのがプログラミング教育ですので、子ども達一人ひとりに合わせた学びをご提供します。また、プログラミング自体は楽しい創作活動ですが、その過程の中でしっかりと仕様書や設計書を用意するなど、論理的思考力や問題解決力を高める仕組みをご用意しています。

最後もう1点は、教育を提供する講師やメンバー、運営母体がITやテクノロジー、そして教育の専門家集団であるという点です。東証一部上場でITコンサルティングをご提供するフューチャーグループ、日本初のオンラインプログラミング家庭教師のCodeCamp、そして黎明期からプログラミング教育の市場を創って来たメンバーが子ども達にプログラミング学習をご提供します。講師は全員プロの大人が包括的に子ども達の成長をサポートします。

また、これは企業や学校関係者の方々向けになりますが、パートナー企業的に連携していただける方々に向けて、テクノロジー企業としてオンラインでの教育のご提供も予定しております。


ー サイトを拝見すると、CodeCampKIDSの授業による身につくスキルのなかに、「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」とありますが、これらはどのように身についていくのでしょうか?


CodeCampKIDSで身につくスキルは「創造力」「論理的思考力」「問題解決力」、そして「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」の5つを掲げていますが、まずプログラミング学習で最も養われる点は創造力だと思っています。また、問題解決力と論理的思考力も同時に育まれる要素です。

コミュニケーション力の面では、オンラインのCodeCampとは異なり、子ども達が教室に集まり、教え合ったり、勝負し合ったりなど、ここでしか出会えない仲間達と共に学ぶことにより育まれます。ロボットをグループで制御するなど、必然的に子ども同士でコミュニケーションをとる仕組みも設計します。

プレゼンテーション力については、完成した作品や課題を発表する機会を設けるので段々と培われていきます。カリキュラムの中でパワーポイントの使い方をレクチャーしたり、毎月末にはプレゼンテーション大会を開催して保護者の皆様にもお子様の成長をご覧いただけるよう設計しています。




ー 入学時に子どもによってプログラミングの知識やパソコンに関する基礎的な実力に差があると思いますが、予定している指導上の工夫はありますか?


タイピングの慣れなどは多少必要かもしれませんが、一人ひとりの進捗に合わせて対応するのでそこまで大きな問題ではないと思っています。子どもによる違いがあるとすれば、自信や積極性、発想力になるかもしれません。その点は、カリキュラムごとにワークシートを用意し、「こういったこともできる」と発想を促すための手助けをする仕組みでケアしていきます。何より講師やカリキュラムでどんな子ども達にとっても楽しくスタートしやすくどこまでも伸びていく環境をご提供しますので、どんな段階のお子様でもウェルカムです!


ー 子どもと大人では、プログラミングの学び方に違いはあるのでしょうか?


まず、学習中の雰囲気は大人とは大きく異なりますね。大人は一人ひとりが集中し静かに黙々と学習しますが、子どもの場合は自然とわいわい楽しみながら学習します。大人がその様子を見ると、まるで遊んでいるように感じるかもしれませんね。楽しみながら学ぶ、学ぶことが楽しい、プログラミングを好きになってもらうことが第一だと思っています。子ども達のそのエネルギーを学び・成長につなげていくのが我々の役割です。



また、プログラミングを学ぶ動機として、大人は仕事や転職に関する目的ありきで学習するのに対し、子どもはプログラミングを手段として、「創造力」「論理的思考力」「問題解決力」、そして「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」を高めていくことを目的としています。


ー スクール運営のため参考にしているサービスや他の業界はありますか?


プログラミングの学びが特別だと思っていないので、同業のプログラミング学習スクールに限らず、子ども向けの習い事サービス(英会話教室・スイミングスクール・学習塾)などはすべて比較対象にしていますし、参考になっています。


ー オンライン家庭教師サービスを展開されている御社だからこそ感じる、通学タイプのスクールの特徴やオフラインのメリットは何でしょうか?


コミュニケーションの部分はやはりオフラインが長けていると思います。一緒に勉強する仲間が集まり目の前に先生がいる教室形式そのものが、やはりオンラインにはないメリットだと思います。


ー 現在予定されている、今後の展望などあれば教えてください。


CodeCampKIDSが現在直近1年で目指しているのは、直営教室とフランチャイズ教室をあわせて生徒数1,000名の規模です。なるべく早くCodeCampKIDSの良さを皆様にお伝えしたいですし、それらのパートナー企業様も募集させていただいております。

その他、カリキュラム内容についても将来的にはオンラインとオフラインを融合した形もご提案していきたいです。例えば、子どもたちが集まる教室の中心にモニターがあり、そこに映し出された講師がモニター越しに子どもたちへ教えるような形があってもよいのではないでしょうか。地域間格差、経済格差をテクノロジーで解決する仕組みを準備しています。

また、個人的に感じていることですが、2020年から予定されている小学校でのプログラミング教育必修化への動向により子どもにさせたい習い事ランキングの上位に入るなど「プログラミング学習」の注目度が高まるにつれ、少々ブームのような盛り上がりとなっている気がしてなりません。さまざまな業種の会社がプログラミング学習に参入していますが、そのような状況だからこそ、子どもたちの成長につながり選ばれるカリキュラムをしっかりと提供していきたいです。

プログラミング教育の必修化に伴い、プログラミングに関わる教員人材不足の問題は必然的に起こると思います。この問題には僕たちプログラミング学習サービス提供者がしっかり課題解決にあたっていきたいですし、そこで質・量共にトップの地位を狙っています。


子どもも大人も、世界とつながり、世界が広がる


ー 最後に、プログラミング学習を始めようか考えている方へメッセージをお伝えください。




僕からは、子どもたちと保護者の方に向けたメッセージとなりますが、「プログラミングを学んで世界を変えよう!」ですね。

ITやテクノロジーは誰かを幸せにしたり、喜んでもらったり、困っていることを助けてあげたりするツールで世界に発信することができます。身近な家族や友達でも学校のことでも、海外で困っている人のためでも、世界を変えるようなゲームやサービスでもなんでも構いません。プログラミングを学ぶことで見える世界が変わるし、世界を変えることが子ども達にもできます。プログラミング学習はスタートが早ければ早いほどそのチャンスが広がります。

プログラミングスクールは新しい習い事なので、保護者の方に「プログラミングを習ったことがある人」はいませんし、子どものなかで「プログラミングを習ったことがある子」もほとんどいません。したがって、プログラミング教育の価値が見えにくい部分もあると思います。ただ、実際にプログラミング学習を体験し、その様子を見てもらえれば魅力は伝わると思っていますので、僕たちはそういった機会を作っていきたいです。

子ども達の成長に向けた一助になれればと思っておりますので、まずはCodeCampKIDSの体験授業にお越しください!


CodeCamp URL:https://codecamp.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/codecamp Twitter:https://twitter.com/codecamp_JP

CodeCampKIDS URL:https://codecampkids.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/CodeCampKIDS/ Twitter:https://twitter.com/CodeCampKIDS

株式会社ABCD Partners
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27階
お問合わせ:edulio@abcd-p.com
Copyright © ABCD-Partners. All Rights Reserved.