株式会社ABCD Partners
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21F
お問合わせ:edulio@abcd-p.com
Copyright © ABCD-Partners. All Rights Reserved.

eラーニング-実践ガイドについて

最終更新: 2月29日

eラーニング-実践ガイドをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当記事では、「eラーニング-実践ガイド」についてご説明します。

当社では、これまでに数多くの企業様のeラーニングシステムの導入とeラーニング教材の作成をサポートさせて頂きました。その中で、初めてeラーニングの導入・活用を検討されている多くの方が特別なソフトやシステムが必要ではないか?準備にどの程度時間がかかるのか?教材はどのように作れば良いのか?

と、不安を感じていらっしゃいました。


そして、手探りでeラーニング化を進めていき、後でせっかく作った教材を作り直すことになってしまったり、受講者に満足なサービスを提供することができなくなってしまうような事例も見てまいりました。


これでは、せっかくのeラーニングが、かえって運用業務負荷やコスト負担が大きくなり、使い続けることがで困難になり残念な結果になってしまいます。

例えば、当社には「動画教材の作成方法」についてご相談が多く寄せられます。

動画教材を外部制作会社に発注すると、数万〜数十万円と多額の費用が発生します。普遍的な内容で視聴者数が多ければ、制作費用を掛ける価値はあると思います。しかし、継続的に編集が必要な動画教材であれば、編集の都度多額の制作費用を掛けることはできません。

そういった教材の場合は、自社で教材を内製すれば費用を抑えられます。しかし、動画教材制作のポイントを抑えずに内製化をはじめると編集作業に膨大な時間が掛かり、外部委託より費用が掛かってしまうことも考えられます。


そこで、過去の事例を踏まえて「最小限のコスト負担と準備作業で、効率的にeラーニングを運用するためのノウハウ」を分かりやすくまとめ、みなさまのeラーニングに対する不安を解消できるようにお伝えしていきたいと思い、本「eラーニング-ナレッジ」を執筆することにいたしました。