【プログラミング教室 フーコ】誰でも教えられるプログラミング教材「Progra!」を自社開発

株式会社FUCO(フーコ)は新潟県長岡市を拠点に、県内2ヶ所にてプログラミング教室の運営とScratchのゲーム制作動画教材「Progra!(プログラ)」の開発・販売を行っています。

地方にて通学型プログラミング教室の運営をしつつプログラミング学習教材の自社開発もされているのは、ちょっと珍しいですよね。 まずは各サービス概要のご紹介につづいて、株式会社FUCOの代表取締役 藤原拓さんとのインタビュー内容になります。どうぞご覧ください。


プログラミング教室 フーコとは?




現在、新潟県長岡市と新潟市にて運営されているプログラミング教室フーコでは、「小・中学生向け」「一般・社会人向け」「個別講習(プライベートレッスン)」と年代や用途によりわかれる3つのコースを提供しています。

小・中学生向けコースでは、寺子屋形式で他の受講生と一緒に学習しながらも個別の進捗ペースでプログラミング学習に取り組むことができます。後述する同社開発の動画教材「Progra!(プログラ)」を利用し、子ども向けプログラミング言語「Scratch」を学びます。

また、同社はジュニア・プログラミング検定の出題問題の作成と監修もされており、検定に対応した学習カリキュラムとなっているのも特徴のひとつです。



一般・社会人向けコースでは、ホームページ制作といったWeb制作技術を、小・中学生向け教室同様の寺子屋形式で個別の進捗に合わせて学びます。HTML・CSSからはじまり、JavaScriptやPHP、MySQLにWordPressといった技術へ順にスキルアップできるカリキュラムが用意されています。



最後に、個別講習(プライベートレッスン)では、Web制作技術に関して受講生の希望する学習内容に沿って、現役のプロ開発者とのマンツーマンレッスンを受ける内容になっています。

プログラミング学習教材「Progra!(プログラ)」とは?



フーコでは、プログラミング教室の小・中学生向けコースでも利用しているScratchゲーム制作動画教材「Progra!(プログラ)」の開発・販売をおこなっています。インターネット環境とパソコンのみで、動画をみながらScratchのさまざまなゲーム制作を学ぶことができます。





プログラは、小学校低学年でも利用できる工夫・配慮がされており、各ブロックの1動画を1分程度にまとめ、音声と字幕は一切なく映像を見ているだけで理解が可能な作りになっています。

大学起業サークルから起業へ



株式会社FUCOの代表取締役 藤原拓さん

— どうぞよろしくお願いいたします!まずは、起業の経緯や、これまでの御社の歩みを伺えますか

よろしくお願いします。私が起業したのは、長岡技術科学大学在学中のことです。当時ライブドアの堀江貴文さんやサイバーエージェントの藤田晋さんといった若手IT起業家が話題となり、また「産学連携」という大学の教育・研究機関と民間企業が連携しての事業開発が活発になっていた時期でした。

そうしたなか、大学でベンチャークラブというサークル活動に関わりベンチャー企業を起こそうとなり、事業を始めたのが起業の経緯になります。2004年のことですが、はじめは個人事業主として創業し、現在のFUCOに株式会社化したのは2006年になります。

— 創業当初からプログラミング教室の運営や教材開発を始めたのですか?

いえ、初期は主に調査書作成やHP制作の事業を行っていました。調査書作成とは、産学連携に関連する調査を行いレポートにまとめる業務です。企業から大学へ事業に関する実証・実験依頼が多く寄せられるのですが、まず当時学生だった私たちが対応し、例えば企業が大学と協力し開発予定のものと同じ製品がすでに存在していないかなどまとめた調査レポートを販売するという内容です。

HP制作では、当時長岡市の中小企業は自社サイトを持っていないことも多く、「学生なので安価で制作します」と営業し、同大学の学生を雇いながら仲間内で対応していました。オープンソースを利用したWebシステムやワードプレスを利用したサイト作りなど10年近く継続していました。

— ちなみに、「FUCO(フーコ)」という社名の由来も教えていただきますか?とても可愛らしい語感で、気になってしまいました(笑)

ありがとうございます(笑) 私の名前をもとに「藤原商会」とする案もあったのですが、創業当時は学生だったこともあり、学生と企業を繋ぐ「コラボレーション」から『フューチャーコラボレーション』という言葉を思いつき、その頭文字からネーミングしました。


創業から10年。プログラミング教育事業を開始



— 現在のプログラミング教室運営やオンライン学習教材サービス開発へ転換した経緯について教えてください。

2013年、オバマ元アメリカ大統領の子ども向けプログラミング教育を推進する働きかけが話題になり、また個人事業主からの創業が10年を迎えた節目でもあり、新たに子ども向けのプログラミング教育事業をスタートしました。

プログラミング教室運営はまず長岡市内で一箇所開校しました。長岡市は高専生や理系大学生が行うロボコン(ロボット競技コンテスト)が活発で、小学生も学校のクラブ活動でロボコンの大会が開催されるほどです。その会場にも使われるビルの一角から始めました。

また、それまでサイト制作などWebシステムの開発がメイン事業だったので、その経験も生かせる子ども向けのプログラミング学習教材として、PHPやPython、Visual Basicなどの言語コースを学べるオンライン学習サイト(現サービス名 Ramming)を開発しました。現在は無料公開に切り替え、これまで累計6,000名ほどの利用者がおり、いまも日々新規利用者は増えています。プログラミング教育事業開始当初はこのサービスをプログラミング教室の小・中学生向けコースの受講生にも利用してもらい、改善を繰り返していました。

私たちの狙いとして、プログラミングを理解するにはとにかく実際にコードを打ち込んでいくことが重要と思い、Rammingは穴埋めドリルの記述問題をベースに構成しています。写経のようにとにかくシンプルに繰り返しコードを打ちこむため、初心者だけでなく一定の学習を終えた方も復習に利用されています。

ただ、子ども向け学習サービスとしていたにもかかわらず、実際は大人の利用が多かったのです。そこで、教材開発について再考することにしました。



Scratchのゲーム制作補助教材「Progra!」の誕生



— そこで新たに考案・開発したのがProgra!なのでしょうか?

はい、そうです。新たな教材開発を検討していた際に子ども向けのビジュアルプログラミング言語Scratchに触れたところ「これはスゴい」と社内で盛り上がり、これからはScratchを使った学習が主流になるのではと思うようになりました。

ただ同時に、子どもにScratchのみ用意したところで、何をすればよいかわからないのでは?とも感じました。世界中の人がScratchで開発したゲームを公開していますが、完成されたゲームを子どもが見ても、同じようなゲームを作るには結局どうすればよいのかわかりません。

そこで、段階的にScratchが学べるカリキュラムを用意した補助教材というアイディアから新たに開発したのがProgra!になります。

— Progra!の開発で重視したポイントは何でしょうか?

まずイメージとして目指したモデルは、学習塾の「公文式」になります。公文式は、国内はもちろんのこと世界中に広がっていますが、大きな特徴は「教えない」点だといえます。公文の先生が子どもにこと細かに教え指摘するのではなく、基本の例題に沿ったレベルの問題をとにかく繰り返し解いていくモデルがよいと思いました。

そこで当初から子どもがひとりでどんどん学べる『自学自習』が可能な教材や環境を整えるべきだと思い、実現するためコンセプトとしてたどり着いたのが「動画を視る」ことによる学び方です。

いまの子どもたちは、例えばマインクラフトなどYouTubeのゲーム動画を観ながら真似して作っています。Scratchはブロックと呼ぶ定義を組み立てることでプログラムを作り進めますが、ゲーム動画と同じようにScratchで目標とするゲームが完成するまでの動画と、さらにそのなかで段階を小分けにした動画をそれぞれ作りました。公文式をヒントに同レベルの目標のゲームをいくつも揃え、繰り返し写経のように写すことで自らゲームを制作できるようになる構成となっています。当教室ではProgra!のみでプログラミング教室運営をしています。

写経のように写していく学習の進め方でも、自分で手を動かして制作が進むことで喜びを感じますし、「なぜこのように動くのか?」と興味もわきます。また、レベル別にも複数のゲームを順番に制作し、楽しみながら自然とステップアップして覚えていけるようカリキュラムを用意しています。

新しいバージョンの教材をいまも並行して開発しており、教室の受講生に利用してもらいフィードバックをもらっています。

いまプログラミング業界が抱える問題のひとつに「教える人がいない」ことが挙げられますが、知識や経験のあるプログラマーであっても、自分が理解していることを必ずしも人に教えられるわけではありません。「人に教える」こと自体ひとつの技術であり、プログラマーだからといって人にプログラミングを教えるのは少し違うのかなと感じています。

— 子どもがプログラミングを学ぶ手段として、ゲーム制作は適しているのでしょうか?

子どもが興味をもってプログラミング学習するとなると、やはりゲームを題材にするのがよいですね。プログラミングはさまざまなことができますが、もっとも彼らに身近なことはゲームで遊ぶことであり興味をひく分野なので選んでいます。

最近のゲームは綺麗な映像でキャラクターや画面がグリグリと動くクオリティが当たり前となっているので、当初はScratchで制作する単純なゲームを果たして子どもは面白いと感じてくれるのかと不安に感じていましたが、単純なゲームであっても意外と楽しんでいます。自分で制作するからなのか、「○◯のようにしてみたい」と自然に意見がでてきますし、安心しました。

— 以前までWeb開発の受注などが主な事業とのことでしたが、今後はProgra!を事業の軸にされるのでしょうか?

そうですね、以前までの事業から現在も継続しているのはサーバー管理・保守などのみで、Web開発などの新規依頼は受けていません。今後はプログラミング教室の運営とProgra!の開発・販売に注力していきます。

— FUCOでは、そのほかにジュニア・プログラミング検定の監修もされているとのことですが、どういった経緯で関わることになったのでしょうか?

検定試験を主催している株式会社サーティファイは、NSGという新潟から始まった学校法人グループに所属しています。県内では私たちがScratchを使ったプログラミング教室を開始したのが早かったこともあり、検定化の際にお話をいただき一緒に進めることになりました。

ある企業が実施した、子どもを持つ20代~50代の親を対象に子どもの将来に関するアンケートにおける「子どもに取ってもらいたい資格やスキルは何ですか?」との設問結果で、英語検定に次いでジュニア・プログラミング検定が2位に挙げられたのですが、試みが広がっていることを実感できるニュースでしたね。

FUCOの受講生にも、すでに受験し3級2級に合格している子がいるほか、1級にも合格可能な水準まで学習が進んでいる子もいます。

教えないなかで学習を進める、バランスの難しさ




— Progra!のほか、子どもに指導するうえで工夫している点はありますか?

先ほどの公文の話にもありますが、「教えない」ことが重要だと思っているので、子どもが制作途中に悩み時間がかかっている際、教えてしまわないように逆に気をつけています。子ども自身が考え、多く失敗しながらも試し、その先で想像どおりにできたとき嬉しさを感じるので、そこまでうまく導いてあげることが工夫している点といえます。

Scratchに限らず、あらゆる言語のプログラミング学習にいえることだと思いますが、誤りについて自分で気づかないと身につきづらいところがあります。PHPなど他のプログラミング言語でも、「ひとつセミコロンを書き忘れただけ」「数字が全角入力しているだけ」でプログラムが動かないことがあります。そうした間違いに、自ら気づき修正しプログラムを動かす経験が大事です。

Progra!では、制作過程のなかでブロックごとに小分けに動画を用意しているので、「もう一度この動画を見直してみて」とヒントを出し、繰り返し動画を観てもらうなかで、子どもが自分で間違いに気づける方法をとっています。

ただ、自分でいくら考えても間違いに気づかず先に進まないことでプログラミングを嫌いになってしまうのは私たちもイヤなので、教える・教えないのバランスは本当に難しいところですね。

— 自学自習をポイントにされていますが、子どもの学習の進め方にはそれぞれ個性がでてくるのでしょうか?

例えば、頭がよい子は教材と学習の進め方に慣れてくると動画を最後しか見ないんですよ(笑) その動画で制作する完成形だけ確認し、自分で挑戦しています。逆に動画をはじめからひとつずつじっくり見る子もいますので、子どもによってさまざまですね。どちらにせよ、まず自分で制作を進めてもらうことが大事なので、どのような方法をとっても構いません。

— 子どもならではの行動として、学習の妨げになってしまうものはありますか?

プログラミングに限らずいえることですが、例えば小学1年生程度の年齢ではそもそも椅子に長い時間座っていられないという問題が結構あります。また、子どもは基本的に物事を大人から教えてもらうことが多いので、教室が理想とするプログラミング学習スタイルである「自分で考える」習慣が身についていない子も多いですね。私たちは自学自習のスタイルをとっているので、学習するためには自己管理を身につけることが必要になります。

— 小・中学生を対象に、参加費無料の体験イベント「スマイル フーコ プロジェクト」も定期的に開催されていますが、反響や参加者の様子はどういったものがありますか?

体験イベントでは、子どもだけでなく親御さんも一緒にScratchを体験してもらう内容になっています。子どもはもちろんのこと、親御さんもプログラミングに触れることが初めての方が多いので、はじめは不安を感じるようですが、イベントが進むと子どもは自分で制作したゲームが動くのをみて単純に嬉しい・楽しいと感じますし、その様子をみて親御さんも安心されていますね。

プログラミングにたいして、黒い画面に意味がわからない文字や記号を打ち込んでいる難解なイメージを持つ方が多いと思いますが、そんなに難しいものではないと理解してもらうことを、体験イベントでは大事にしています。どうしても大人の方が、プログラミングにたいして難解なイメージ・概念が先にあるとは思いますが、そうでもないのだと思ってほしいですね。

— 教室運営を開始し、予想外なことなどありましたか?

小・中学生向けと一般・社会人向けのコースを同時期にスタートしましたが、開校初期は子どもより大人の方の受講希望や問い合わせが多くありました。女性からのお問い合わせが多かったことなど含め予想外でした。一般・社会人向けコースの受講理由は、「ホームページを作りたい」「WordPressをやってみたい」「WordPressの勉強を独学で始めたが、基礎を理解していないからうまくカスタマイズできない」といった方がいらっしゃいます。いまでは小・中学生向けコースの受講生も増えましたが、それでも小・中学生向けと一般・社会人向けコースの受講人数は半々です。

— 一般・社会人コースではどんなカリキュラムを提供していますか?

HTML・CSSやPHP、JavaScriptなどホームページ制作・Web制作技術を学ぶ内容になっています。小・中学生コースと同じく、寺子屋形式で各自のペースで自学自習と質問で進めていきます。プログラミングは書かないと覚えないと思っているので、コードを多く書き、そして自身で確認してもらうことを大事にしています。

— そのほか、個別講習(プライベートレッスン)コースがありますが、どういった方が利用しているのでしょうか?

個別講習の方も、開始当初の予想を超える多くの方に利用され、長岡市・新潟市より離れた県内から通われている方もいます。例えば、フリーランスの方でWordPressの理解をより深めたいという理由や、一般・社会人コース修了後にITの業界・業種へ転職を希望され、よりステップアップした知識を身につけるためコースをスライドして受講されている方がいます。


0から1、そして1から100へ



— 教室運営とProgra!の、今後の展望について教えてください。

プログラミング教室については、小・中学生コースで提供しているScratchによるゲーム制作をファーストステージとし、新たにスマートフォンアプリを制作するセカンドステージの準備を進めており、現在教材を開発している段階です。

スマートフォンアプリにした理由は、いまの子どもにとって、パソコンよりもスマートフォンやタブレットの方が身近であることがひとつ。また、ScratchはFlashで表示されるのですが、スマートフォンやタブレットでは非対応なので見ることができません。そのため、自宅にパソコンがない家庭では、せっかく受講生がScratchのゲームを制作しても見ることができません。スマートフォンアプリならば自分が制作したものを気軽に友達や親に見せることができることも含め、次のステップによいと思っています。

今後も教室運営は継続していきますが、教室数を増やすことよりも、Progra!を広く使っていただき、プログラミング学習においてまずは0を1にするゼロイチの体験をお手伝いしたい想いがあります。

Progra!はあくまでもScratchの補助教材なので、この教材ひとつでプログラミングのすべてを学べることはできませんが、例えば学習塾やそろばん塾を運営してる方や子どもを集めて勉強会を開催している個人の方などが新たにプログラミング教室も始める際、Progra!をカリキュラムの導入部分に利用していただきたいと思っています。

実際、Progra!への問い合わせと併せてプログラミング教室運営に興味がある方から、受講料の金額設定や宣伝方法といった教室運営全般に関するご質問が多く寄せられています。そういったお問い合わせにも、私の知る範囲であればなるべくシェアしていきたいと思っています。

また、学習塾などの子ども向け教室のほか、学校や教育委員会や自治体からも「授業でProgra!を利用したい」との要望をいただいています。

— 子ども向けのプログラミング教材が続々と世にでてきていますが、そのなかでProgra!に要望が寄せられる理由はなぜなのでしょう?

例えば、子ども向けロボットプログラミング教材がありますが、当然ロボットが必要で、また価格も数万円単位になるものもあり、正直敷居が高いというお話は耳にしています。

Progra!はパソコンさえあれば利用が可能です。いまの学校にはパソコン室に1クラス分のパソコンが揃っているケースが多く、すぐに授業を始められることが導入しやすい点ではないでしょうか。実際に教育委員会と話が進んでおり、長岡市内の小学校でProgra!を使った授業を予定しています。2020年のプログラミング教育必修化を見据え、教員の方にプログラミングの知識がなくとも『Progra!を使えば授業が可能』と広く認知されることを目指していきます。

— 素晴らしいお話ですね!学校側にもさまざまな事情があり、プログラミング教育の導入には頭を抱えているのですね。

2020年は、プログラミングだけでなく、英語教育の必修化も同時に開始します。教員の方たちは英語科目導入にも対応するため、余計に悩ましいようです。そういった事情も聞き、Progra!は教員の方の負担を減らすうえ子どもにプログラミングを体験させる教材だとアピールしていきたいです。

— 最後に、これからプログラミング学習を始める方に向けて、メッセージをお願いします。

今日の日本のIT社会には隠れた大きな矛盾が存在します。

それは、私達の生活を便利で快適なものにしてくれているアプリケーションソフトなどの「プログラミングされたモノ」は身近になり今後も増えていくであろうにも関わらず、身近に「プログラミングを学習する機会」が無いことです。

今後も身近になっていくモノを、身近に学習する機会が無いという矛盾が存在するのです。 わたしたちFUCOは、導入の簡単な「プログラミング教材サービス」を提供し、プログラミング学習を身近なものにすることでこの矛盾を解決していきたいと考えています。

FUCO:http://fuco.jp/ Progra!(プログラ):https://progra.org/

Facebook:https://www.facebook.com/fucojp/ Twitter:https://twitter.com/fucojp Instagram:https://www.instagram.com/fuco.jp/ LINE:http://line.me/ti/p/@dgu8972z

新潟教室:新潟県新潟市中央区花園1-5-3 2F 長岡教室:新潟県長岡市城内町3-4-14 4F TEL:0258-89-5353

株式会社ABCD Partners
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27階
メール:edulio@abcd-p.com
Copyright © ABCD-Partners. All Rights Reserved.