座学と実技による外装のノウハウ向上で、外装業界の評価向上を目指す

最終更新: 2019年9月14日

■会社名

株式会社スマートプラス

■インタビュイー

代表取締役 和田憲治様













■edulio導入時期

2015年9月

■法人概要

設立:2011年9月

事業内容:

・法人向け研修「外装事業スタートアップ研修

・報告書作成アプリ 「REPORT KING」の開発、販売

外装リフォーム事業

■初めに事業概要をお聞かせください

当社は外装事業自体もやっていますが、主に外装のコンサルティングと研修事業がメインとなります。

水まわりや内装リフォームは得意としているが、外装について詳しくなく、これから伸ばしていきたいと検討されているリフォーム会社様を対象に、外装事業立ち上げ研修という名目で事業を行っております。

研修事業は北海道から鹿児島まで全国各地からご依頼をいただいており、あとはREPORT-KING(レポートキング)という写真付き報告書作成アプリの開発および販売

この2つの事業を会社の柱としています。

■今の事業を始めたきっかけや思いをお聞かせください

元々は住宅のリフォームの営業マンをしていたのですが、東日本大震災を機に、人生一度しかないなら以前から考えていた起業をしたいと考えるようになり、仙台で復興支援を兼ねて住宅のリフォーム事業を始めました。

実際に現地に入ってみると、住宅のリフォームの中でも地震で建物が大きく動いたため、ひび割れなどの問題で困っている方々がすごく多かったので、トータルリフォームではなく外装リフォームを主軸に展開したほうが事業を伸ばせるのでは?と考え、外装リフォームを本格スタートさせました。

その後、事業は順調に伸びていったのですが、もっと全国的に展開ができるような形態に変えたいなと思ったときに、最初にフランチャイズ化を考えました。ですが、全国で働いている皆様からヒアリングをした結果、フランチャイズよりも自社のブランドで事業をやりたいというニーズの方が多かったので、それなら当社の受注や、外装のノウハウを提供できるようにすればいいのではないかと考えました。

そこで、外装工事管理システム「Smart Drive(スマートドライブ)」というシステムを作ったのですが、システムを提供したところ、同時に研修もやってほしいという声が圧倒的に多かったので、では研修事業もやりましょう!となり今の事業形態に至ります。

■eラーニング導入にあたってのきっかけや判断材料・判断基準をお聞かせください

研修をしていく中で、具体的な受注方法など実地的なものに関しては効率的ですが、座学的な部分に関して、私が遠くまで足を運んでやっても非常に効率が悪いと感じておりました。

そこで、座学に関しては事前にeラーニングの動画とテストで学んでいただいて、その上で訪問した際は実技研修を中心に受けてもらった方がより早く結果に結びつくのではないかと考え、色々eラーニングシステムを探していたところにedulioと出会った、という経緯です。

外装受注獲得のためには実技も重要ですが、その実技を活かす座学の知識を決しておろそかにはできません。

外装事業はいわば家を守るお医者さんです。

そのお医者さんが知識も持たずに患者様、つまりお客様の前に立つわけにはいきません。

それなのに、リフォーム業界はまだまだ訪問販売も含めて、そういった知識の無い方でも契約を取っているケースが多く見受けられます。

だからこそ、研修事業において知識を向上させていくという事は、業界全体の健全化にもつながってくるすごく重要なことだと思っていたので、割と初期の段階からeラーニングによる研修はやっていきたいなという思いはありました。

■edulioの導入理由、導入を決めたポイントをお聞かせください

edulioを知ったきっかけですが、もともと良いeラーニングがないかどうか探してはいました。

そんなタイミングで、たまたまパンダスタジオ仙台で研修動画を録っていたときに、パンダスタジオの浅利さんに

「何かいいeラーニング無いですか?」

という話をしたら

「実はこういうのがありますよ」

という流れでedulioを紹介していただきました。

これが最初のきっかけです。

シンプルで、しかもすごく低コストで運用できるという話を聞いて興味を持ちました。

そして最初見た時に、このedulioの運用コストの低さにびっくりしたのを覚えてます。

その後、松野さんからシステムの話をお聞きし、詳しく内容も説明していただいたうえで改めてすごく使いやすいと思ったので、その場で何も迷わずに即申し込みをした、という経緯です。

■導入先事業の解説・導入後のエピソードがあればお聞かせください

最初、動画は1時間程度の番組を3つほど収録したのですが、やはり1時間は長くて見られない、あとは長くて寝てしまうといった声が聞かれました。

1回目がそれでうまくいかなかったというのもあり、色々なユーチューバーを参考にしたりして1つの動画を8分以内に収めました。

それを47番組作ってテストも5つに分けて…という準備だけで2か月ぐらいは考えて作ったので、ここでちょっと導入の苦労というか時間がかかりました。

動画は去年の2月に撮ってからは現在まだリニューアルしていないので、そろそろリニューアルしたいと考えています。

現在、当社の研修に関しては、このeラーニング動画をきちんと受講しないと、私の実地研修に参加できないという非常に厳しいルールを導入しています。

最低限の知識としてこれだけは知っておいてほしいというものを、合計6時間半くらいの動画でしっかりと学んだうえで研修に参加していただきます。

実際の研修では話す用語の意味が分かっていないと、研修の理解の質も深まりません。

座学をしっかりと理解したうえで研修を受けてもらえば研修の理解度がより深まり、大きな結果につながります。

この動画は47番組あるので、研修をやる前から研修が終わった気分になる、という声もあるくらい、eラーニング、edulioを導入したことで座学とOJTを分けて研修がしやすくなったので、導入効果は非常に高いと思います。

■edulioでそのほか気に入っている機能やポイントがあれば教えてください

最初、使いやすいと思って導入したのですが、実際に使ってみると想像していた以上にシンプルでした。

複雑な知識や操作がいらない点は素晴らしいですね。

我々もシステム事業を行っておりますが、eラーニングの専門家ではないので、操作が直感的でシンプルなのは大きなメリットというかポイントだと思います。

■eラーニングの可能性やメリットについてお聞かせください

edulioのeラーニングは受講者が勉強をやったかやってないかを「可視化」できます。

受講状況が分かる、この点はとてもいいと思います。

状況を把握できないと動画を送った後に受講者に勉強したか、してないかを聞いても、みんな「しました」としか言いません。

ですが実際はちゃんと勉強した人もいれば、していない人もいるというのが世の常です。

ただ当社は各企業の代表者様からそれなりのお金をいただいて研修をしているので、結果を出すことがミッションとなります。

結果が出なくても受講者のやる気がないせいとか、受講者が悪いという事を言い訳にはしたくありません。

そのために、受講者には確実に座学動画を受講してもらう必要があります。edulioをうまく使えば受講状況が全部可視化できるのでやってない人はすぐにわかります。

研修が始まる2週間ほど前に研修参加者の受講状況の結果をメールで送り、最後の追い込みをかけて必死に勉強されたうえで実地研修に参加いただけるので非常に便利です。

■今後の事業や最後にお伝えしたい思い等がございましたらお聞かせください

起業当初は仙台の復興支援という目的で事業をおこなっておりましたが、

地方は東京とか大阪みたいなマーケットは大きくないので、今は仙台の中でやっていくというよりは仙台から外資を獲得する、というイメージでやっています。

外資というのは外国ではなく仙台圏以外の所からお金を集めてくることです。

そうしないと、結局街は豊かにならない、という思いがあります。

そのため事業は大きくやっていかないと復興支援にならないと考えながら、色々なトライ&エラーを日々繰り返して、目の前の一歩を地道に進んでいるような状況です。

現在、別事業である写真付き報告書作成アプリ レポートキングもだいぶ認知されてきましたので、大きな軌道に乗せて、ゆくゆくはこの分野でのグローバルニッチトップを狙っています。

レポートキングは必ず海外でも普及すると思いますので、それでしっかり外資を稼いで、その利益をもとに再度外装事業に再投資できればと計画中です。

私もいまだに現場に出ていて、今日も屋根を2件上ってきました。

こういう自分が実地でやっていることに、システムとか研修とか御社のサービスをうまくリンクさせていけば、世の中にそれをやっている人が誰もいない状態を作れ、グーグルやアマゾンなどの大手資本にとっても参入障壁が高い領域になるはずです。

そこで市場から支持された事業展開をすること。それが最終的なゴールではないかと思っています。

外装というのは、契約までは聞こえの良いことを言って、実際の施工時には適当に薄塗りしたりしてごまかして終わらせることもできてしまう業界です。

そういうところをしっかりと可視化できるようにしたいし、お客様が普通に気付けるようにしたい。

当社がその一端を担うことで、業界全体が正しく評価され、正直者がバカを見ずに、正しく働いた人がしっかりと稼げる業界を作りたい。

その気持ちだけは変わらないです。

―本日はありがとうございました―

ありがとうございました。

184回の閲覧
株式会社ABCD Partners
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27階
メール:edulio@abcd-p.com
Copyright © ABCD-Partners. All Rights Reserved.